メニュー

日本板硝子製蛍光検出器:蛍光検出学ヘッド


蛍光検出ヘッド(光ファイバプローブ)の基本構成

セルフォック®レンズと波長フィルタを集積したマイクロオプティクスです。簡単に各種用途に適用できます。

  • マイクロオプティクス

  • マイクロオプティクス構成図

蛍光検出ヘッドのプローブバリエーション

光ファイバプローブのWDと信号のグラフ
  • 標準プローブ外径、3.50mm又は4.0mm
  • スポット径とワーキングディスタンスは自由に選択可能

【測定条件】

サンプル:FITC1000nM 厚み1mm
測定器:FLE1100-470/530


1. ニードルプローブ

蛍光検出学ヘッドニードルプローブ
  • プローブ外径 0.75mm (0.25mmからカスタム可能)
  • わずかな隙間でも測定できる

SELFOCが実現!!


2. ペンタイプ(FLEP)

  • ペンタイプ蛍光検出学ヘッド

    • ペンを交換するだけで様々な色の測定ができる
    • ペンの接続は電気ケーブルなので扱いやすい
  • 純粋信号を除去したResorufin校正線

    【性能】
    光学系や回路はFLE500に相当
  • 蛍光検出学ヘッドのカラーバリエーション

    【カラーバリエーション】
    更にカラーバリエーションを準備中

3. 多チャンネル

◆プローブを並べて使用すると、多試料・多色の同時測定も簡単にできます。

  • プローブアレイの例

    【プローブアレイの例】
    • 16本のプローブを4.5mmピッチで配列
    • プローブ径はφ3.5mmを使用
    • 384穴ウェルプレート上に設置
  • 多試料・多色同時測定の例

    【多試料・多色同時測定の例】

蛍光検出ヘッドを利用した屋外での測定

光ファイバプローブの屋外での測定
  • 明るい場所でも安定した測定
  • 小型なので持ち運びに便利
  • 光ファイバ接続だから振動にも強い
  • プローブを近づけるだけで簡単測定
FITC測定時の生信号(FLE500)の設置個所とグラフ

FITC校正線(純水信号除去)

純水信号を除去したFITC校正線
【測定条件】
  • サンプル:10mm石英セル内FITC
  • 測定器:FLE500-470/530
  • 場所:ガラス公園(日本板硝子 相模原事業所)

蛍光検出器のお見積ご依頼・お問い合わせフォーム