メニュー

日本板硝子製蛍光検出器


日本板硝子株式会社製の蛍光検出器の販売代理店

蛍光検出器の写真

ゴーフォトンは日本板硝子株式会社製の蛍光検出器の販売代理店です。

日本板硝子株式会社は、ガラス製品の世界最大メーカーの一つです。
1968年に世界に先駆けて、ガラスロッド内に放物線状の屈折率分布を得ることに成功して以来、ファイバオプティクスのパイオニアとして、様々なオプトロニクス関連製品を研究・開発・生産しています。

この度、日本板硝子株式会社が独自の光学技術を応用し、ファイバータイプの蛍光検出器を開発致しました。
ゴーフォトンはその正規販売代理店として、日本板硝子製蛍光検出器をご提供させて頂いております。


蛍光とは

蛍光とは、物質がエネルギーを吸収して光を出す現象のことです。

物質に強い光(短波長、λ1)を当てると、 その励起順位に従って弱い光(短波長、 λ2)が蛍光として観察されます。


◆原理(イメージ図)

蛍光の原理をイメージ化した図

日本板硝子製蛍光検出器と従来品

日本板硝子製蛍光検出器は、従来品とは異なり、明るい場所でも簡単に高感度測定が可能です。コントロールボックスと組み合せて、すぐにお使い頂ける蛍光検出器と、様々な装置に組み込み可能な蛍光検出光学ヘッド(光ファイバプローブ)をご用意しております。

  • 従来品の蛍光検出器の構造

    【従来品】
    • 本体が大きく移動不可
    • 暗箱設計が必要
  • 日本板硝子製の蛍光検出器の構造

    【日本板硝子製の蛍光検出器】

    分波器、光源、光ファイバプローブにNSG独自技術のSELFOC®レンズを使用

    • プローブ及び本体が小さく、どこでも測定できます(持ち運び可能)
    • 外乱光に影響されず、明るい場所でも測定できます
    • プローブを試料に近づけるだけで簡単に測定できます
    • 光ファイバプローブは振動に強い
    • 複数蛍光物質を同時に測定できます
    • 簡単に多チャンネル化できます
  • 蛍光検出器FLE1100

  • 蛍光検出器FLE500

蛍光検出器の測定例【濃度測定と明室での測定】

水信号を除去したFITC校正曲線とFITC0.1uM測定時の生信号のグラフ

明るい場所でも測定できます

【測定条件】
サンプル :FITC 5uL 石英ガラス上
測定場所 :消灯下の一般室にて
(右図は測定開始約15秒後からサンプル付近に懐中電灯で光を当てた)